<< タイトルって、結構難しいですよね(今更 | main | ※超私情につき >>
2016.08.28 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.06.02 Thursday

    復活(仮)

    0
      久しぶりにブログを書いてみる。
      全然長続きしないなーと。
      ネット環境を整えるべきか否かずっと悩んでいる。
      テザリングだけだと到底無理なのです。

      なんだかんだで
      FBにどうでもいいことを書きづらくなっている今日このごろ。
      ツイッターだと文字制限あるしな…
      やっぱ最終的にはブログに帰ってくる的な。

      記録用に、書いていけたらなと思っています。はい。


      とりあえず、時系列で行きますと。


      先日、映画「64-ロクヨン-」の試写に行ってきました。
      (既に一ヶ月以上前!わお!)

      前にWOWOWでやってたドラマを見ていたので、ある程度は内容を知っていたのですが、
      如何せん、家で見てたら途中で集中力が途切れてうろ覚えの箇所がままあり。
      なので、半分くらいは初見のような気持ちで見てましたw

      7日間だけあった昭和64年に起きた誘拐殺人事件、
      未解決のままの事件の関係者の周りで起こる出来事、
      警察広報官と記者クラブとの対立、
      64(ロクヨン)の模倣のような新たな事件、
      からの後半へ続く。

      みたいな感じですかね。
      うまくまとめられてない感ハンパないですがw

      たぶん、今作の山場である、三上が記者たちと対峙するシーン。
      迫真の演技で、泣きそうになりました。

      滝藤さんが、ヤな役すぎて!w
      純粋にムカッとするよねw
      素晴らしいですよー、ほんとに。

      そう、途中で、TBSのドラマと連動していることに気付きましてね。
      おーなるほどねって思いまして。
      多分見てなくてもわかったのかもしれないけど、仲村トオルの役どころを理解しているか否かでまた変わってきたのかな?と思わんでもない。
      チョイ役で出てる人もいたし。
      最後、三上が出てきて映画に繋がるのねーと思ったり。
      (映画見てからのドラマ二個目見たからアレだけど)

      とにかく
      佐藤浩市さんの演技が素晴らしいのと
      綾野剛、瑛太、榮倉奈々あたりの演技がすごいねって感じでしょうか。
      あと、滝藤賢一、椎名桔平両氏の嫌な役っぷりが良い!と。

      早く後半がみたいなー。

      こんな感じで、
      ゆるーく続けられるように頑張りたいw
      2016.08.28 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        PR
        かうんたぁ
        ブログパーツUL5
        live earth
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM